CSS
無料お問合せはこちらから 京都:075-257-4588 営業時間 AM9:30〜PM6:30
| ホーム |
| ホームページ作成 | W3C標準準拠 |

W3C標準準拠、Web標準文法によるホームページ制作

W3C標準準拠、Web標準文法によるホームページ制作

W3C(World Wide Web Consortium)とは?

WEB標準準拠について

インターネットで使用される技術の標準化をすすめる国際的な非営利団体のことをW3Cと呼びます。
Web技術に関わりの深い企業、大学・研究所、個人などで構成され1994年10月にWeb技術開発の中心的人物であったTim Berners-Lee(ティム・バーナーズ=リー)氏設立されました。
W3Cが推奨する標準は「W3C勧告」(W3C recommendation)と呼ばれおりHTMLやXML、CSSなどWeb関係の技術仕様が多くが含まれます。

リュウムで制作するホームページは全てのページにおいて
W3Cの規格でチェックし合格を確認しております。
WEB標準準拠で推奨されるホームページを制作することで、
どのような環境でも又、技術的観点からも世界共通での
視点を持つことができます。

W3Cでホームページを作成する強みは!

SEO(検索エンジン最適化)に有利
インターネットブラウザの基準にもなっています。

W3Cに沿ったホームページを作ることにより、検索エンジン上位に表示されやすいサイトとなります。
ホームページ制作時にW3Cチェックを行うことは、SEO対策の当然の項目になっています。。
W3C 、つまりWeb標準に準拠したサイトを制作にすることで、技術的に問題の無いWebサイトである事を検索エンジンが認識して優遇してくれるのです。


WEBアクセシビリティの向上

アクセシビリティとは、不特定多数の人でも利用しやすいということです。
ご年配の方、体に障害を持っておられる方でもコンピュータを使う人々の数が日増しに増えて言っておりますが、 マウス操作がうまくいかない、文字が読みづらいという声をよく聞きます。
このような事からサイトを制作するにあたり、アクセシビリティの考慮はホームページ制作では重要な事です。
最近はパソコンからだけではなく、スマートフォン・タブレットなどさまざまなハードからの利用の増加とともに、それぞれの環境に対応したWeb標準に準拠したホームページ制作が求められています

読み込みスピードのスピードアップ
W3Cテストをクリアするとバナーを張ることが出来ます。

W3Cで整理されたWEBサイトを制作することでページの読み込み速度が向上します。
HTML+CSSで構成されたWeb標準のソースは、ホームページを表現するブラウザーソフトがエラー無く読み取れ、簡潔な表現方法でデーターを送るので、ファイルサイズが軽くなりサイトの表示速度が向上します。

検索エンジンは同じ情報量でもホームページの作り方まで視野に入れて順位表示しているためにW3Cで制作されたホームページは検索順位が向上するのです。


メンテナンス性の向上・デザインの変更に強い!

ホームページを作るときにデザインをスタイルシート(CSS)というものを利用して制作するので、デザインの変更を行うとき、このCSSに変更を加えると複数のページが一度で変更できます。メンテナンス性が向上するのです。
又、1ページごとにデザインの指定をしているとデーター自体が重くなり、先にも書きましたが検索エンジンが好まないために上位表示されにくくなります。
W3C準拠にてSEOで上位表示されるという結果がでています。

<< PAGE TOP >>

ご相談、お見積何でもお気軽にお問合せ下さい。

<< PAGE TOP >>

<< PAGE TOP >>

Created a websiteホームページ制作実績について
  • 2013年実績
  • 2012年実績
  • 2011年実績

BACK UP 初心者でホームページを考えてられてる方へ

独自ネットショップや楽天ショップ・YAHOOショップ運営される初心者の方も、無料で、親切にアドバイスいたします。

ホームページ制作の事なら
何でもお問合せください。
お問合せフォームはこちらから

ホームページ作成は京都のリュウム株式会社

京都市中京区橋弁慶町222番地
ヒライビル3階

TEL 075-257-4588
営業時間 AM10:00-PM7:00


無料お問合せはこちらから 京都:075-257-4588 営業時間 AM9:30〜PM6:30
| ホーム |
| ホームページ作成 | W3C標準準拠 |
CSS
Ryuumu