CSS
無料お問合せはこちらから TEL 075-257-4588 営業時間 AM10:00~PM7:00
無料講座トップ | 入門編
ホームページ制作講座入門編|京都のリュウム

書いたメールを保存する
ません。書いたメールは、「送信」で即座に送ることもできますが、まずは、作成したメールを「送信トレイ」に保存して、内容や宛先を確認してから送信した方が確実です。

 メールを保存するには、

1.「ファイル」メニューから「後で送信する」をクリックします。

2.すると、確認画面が表示されますので、「OK」をクリックします。


3.作成したメールは、「送信トレイ」フォルダに入れられます。


4.「送信トレイ」フォルダは、未送信のメールを一時的に保存するフォルダです。
このフォルダに入ったメールは、ダブルクリックで内容を変更することができます。
メール内容を変更したい場合は再編集します。



メールを書く

 メールが正しく届くかどうか確認するために、自分宛にメールを出してみましょう。

  1. メールの作成」ボタンをクリックします


    メッセージ作成のウィンドウが表示されます。

  1. 宛先(メールアドレス)、件名、本文を入力しましょう。


 インターネット上なら、世界中どこにでも気軽に送ることができる電子メールにも、作法があります。宛先、件名、署名は必ず入力しましょう。件名や署名は入力しなくても、メールは相手には届きますが、受け取る側にとって件名や署名のないメールは、心証のいいものではありません。理屈ではなく、電子メールのルールとして覚えてください。
 署名は、本文の最後に書きます。メールアドレスだけでは、誰からのメールなのか分かりにくいものです。氏名や会社名、仲間内ならニックネームでも構いません。



起動
  1. まず、Windows メールを起動します。
    Windows メール を起動すると、自動的にメール到着のチェックが開始されます。 新着メールの数が画面左側の「受信トレイ」に表示されます。


受信したメールは、「受信トレイ」フォルダに格納されます。 メールを読むには、「受信トレイ」をクリックします。 上のウィンドウには、フォルダ内のメール情報が、下のウィンドウには、メール本文が表示されます。
メールが未読の場合は、太字で表示されます。



メールを設定する

1.メニューから、「ツール」をクリックし、「アカウント」をクリックします。

2. 「インターネットアカウント」ダイアログのカテゴリから「追加」をクリックし、「メール」をクリックします。

3.すると、ウィザードが始まります。
まずは、「表示名」にあなたの氏名を入力します。
必ずしも本名を入れる必要はありません。ニックネームでも結構です。
入力が終わったら、「次へ」をクリックします。

4.次に、「電子メールアドレス」にプロバイダから取得したメールアドレスを半角で入力します。
入力が終わったら、「次へ」をクリックします。

5.「受信メールサーバ」「送信メールサーバ」にそれぞれアドレスを半角で入力します。
入力が終わったら、「次へ」をクリックします。


6.「アカウント名」「パスワード」を半角で入力します。
入力が終わったら、「次へ」をクリックします。

7.これで完了です。「完了」ボタンをクリックしてください。



メール設定情報

 Windows メール を使うためには、ブラウザと同じように各種の設定が必要です。設定を行うための情報は以下の通りです。プロバイダから発行してもらった情報が、揃っているか確認しておきましょう。
 Windows メールの設定項目にある名称と、プロバイダからの情報の名称が一致しない場合もありますから注意してください。

●メールサーバのユーザー名
●送信メール(SMTP)サーバーアドレス
●受信メールサーバーアドレス
●電子メールアドレス


<< PAGE TOP >>


無料お問合せはこちらから TEL 075-257-4588 営業時間 AM10:00~PM7:00
無料講座トップ | 入門編
CSS