CSS
無料お問合せはこちらから TEL 075-257-4588 営業時間 AM10:00~PM7:00
無料講座トップ | 入門編 | 基本操作2 | プログラムの切り替え
基本操作2::プログラムの切り替え
 

タスクバーによる切り替え

 WindowsVistaのマルチタスク機能を使うと、複数のプログラムを同時に実行することができます。マルチタスク機能を使うために、特別な操作は何もありません。次々とプログラムを起動すれば複数のプログラムを実行できます。

■8-A タスクバーによる切り替え

 デスクトップ下にあるタスクバーを見ます。起動したプログラムの数だけボタンが表示されています。タスクバーのボタンを次々とクリックしていくと、対応するプログラムのウィンドウがアクティブになり、タイトルバーがアクティブであることを示す青色になります。

タスクバーのボタンをクリックします。


 多数のプログラムを起動すると、タスクバーのボタンが小さくなり、ボタンの文字が見えなくなって、どのボタンがどのプログラムか分からなくなります。そのような場合は、タスクバーの上端を上にドラッグして、タスクバーの高さを広げることができます。また、タスクバー自身をドラッグして、デスクトップの上下左右に移動することもできます。



ウインドウをクリックして切り替える



 上図の様に起動しているプログラムウィンドウの一部が見えている場合は、ウィンドウをクリックしても切り替えができます。
 



キーボードを使ってプログラムを切り替える
 [Alt]キーを押しながら[Tab]キーを叩く様に押すとブルーの枠が次々と下図の様に切り替わります

 枠が目的のアイコンを囲んだときに[Alt]キーを離せばそのアプリケーションがアクティブになります。

注意)[Alt]キーは押しっぱなし。[Tab]キーを押しっぱなしにするのはだめ!!







<< PAGE TOP >>


無料お問合せはこちらから TEL 075-257-4588 営業時間 AM10:00~PM7:00
無料講座トップ | 入門編 | 基本操作2 | プログラムの切り替え
CSS