CSS
無料お問合せはこちらから TEL 075-257-4588 営業時間 AM10:00~PM7:00
無料講座トップ | 入門編 | ファイル管理の基礎知識とファイル操作 | ファイル管理について
ファイル管理の基礎知識とファイル操作::ファイル管理について
 

ファイル管理

 パソコンを使いこなす上で重要なのがファイル操作です。パソコンの内部ではワープロで作成した文書や、表計算ソフトのデータ、住所録データ、そして、プログラム自身も実行可能なプログラムファイルとしてハードディスクに保存され、管理されています。
 そして、ハードディスクの中ではきちんと整理整頓されています。プログラムファイルを入れる入れ物、ワープロ文書を保存する入れ物、住所録を入れる入れ物、という風に目的別や種類別に、別々の入れ物に入っています。この入れ物のことを「フォルダ」とか「ディレクトリ」といいます。

フォルダ

 インターネットを使ってダウンロードしたファイルを利用したり、ホームページを作成するために必要なファイルをコピーしたりするためには、Windowsがどのようにファイルを管理しているか、目的のファイルがディスクのどこに保存されているのかを知る必要があります。
 「コンピュータ」を使って、自分のコンピュータにファイルやフォルダがどのように保存されているのかを見てみましょう。



ファイルとフォルダ
「コンピュータ」アイコンをダブルクリックします。

 コンピュータのウィンドウが表示され、3.5インチフロッピーディスクドライブや、ハードディスクドライブ、CDドライブが見えています。ドライブ以外にも、プリンタの設定を行う「プリンタ」や、コンピュータのいろいろな設定や変更を行う「コントロールパネル」があります。

 ファイルやフォルダは、ドライブに保存されています。ドライブには、アルファベット1文字で名前が付けられています。皆さんがお使いのDOS/V(ドスブイと読みます)パソコンでは、フロッピーディスクドライブが[A]、ハードディスクドライブが[C]になっています。WindowsVistaのプログラムやアプリケーションプログラム、ファイルやフォルダはほとんどの場合、[C]ドライブに保存されています。



フォルダの内容を確認する
[C]ドライブをダブルクリックしましょう。

[C]ドライブのウィンドウが表示され、保存されているフォルダが表示されます。

 次に、[Cドライブ]内にあるフォルダも表示してみましょう。「Windows」フォルダをダブルクリックします。「Windows」フォルダが見つからない場合は、スクロールバーを操作してください。




<< PAGE TOP >>


CSS