CSS
無料お問合せはこちらから TEL 075-257-4588 営業時間 AM10:00~PM7:00
無料講座トップ | 入門編 | InternetExplorerの基本操作 | 電子メールの基本操作
InternetExplorerの基本操作::電子メールの基本操作

起動
  1. まず、Windows メールを起動します。
    Windows メール を起動すると、自動的にメール到着のチェックが開始されます。 新着メールの数が画面左側の「受信トレイ」に表示されます。


受信したメールは、「受信トレイ」フォルダに格納されます。 メールを読むには、「受信トレイ」をクリックします。 上のウィンドウには、フォルダ内のメール情報が、下のウィンドウには、メール本文が表示されます。
メールが未読の場合は、太字で表示されます。



メールを書く

 メールが正しく届くかどうか確認するために、自分宛にメールを出してみましょう。

  1. メールの作成」ボタンをクリックします


    メッセージ作成のウィンドウが表示されます。

  1. 宛先(メールアドレス)、件名、本文を入力しましょう。


 インターネット上なら、世界中どこにでも気軽に送ることができる電子メールにも、作法があります。宛先、件名、署名は必ず入力しましょう。件名や署名は入力しなくても、メールは相手には届きますが、受け取る側にとって件名や署名のないメールは、心証のいいものではありません。理屈ではなく、電子メールのルールとして覚えてください。
 署名は、本文の最後に書きます。メールアドレスだけでは、誰からのメールなのか分かりにくいものです。氏名や会社名、仲間内ならニックネームでも構いません。



書いたメールを保存する
ません。書いたメールは、「送信」で即座に送ることもできますが、まずは、作成したメールを「送信トレイ」に保存して、内容や宛先を確認してから送信した方が確実です。

 メールを保存するには、

1.「ファイル」メニューから「後で送信する」をクリックします。

2.すると、確認画面が表示されますので、「OK」をクリックします。


3.作成したメールは、「送信トレイ」フォルダに入れられます。


4.「送信トレイ」フォルダは、未送信のメールを一時的に保存するフォルダです。
このフォルダに入ったメールは、ダブルクリックで内容を変更することができます。
メール内容を変更したい場合は再編集します。



保存したメールを送る

  未送信・保存メールを送信します。

  1. メニューから、「送受信」をクリックします。
  1. メールが送信されると、「送信トレイ」から、「送信済みアイテム」に移されます。

 送信する前に、保存しているメールに「半角カタカナ」が使われていないか確認して送信します。半角カタカナ文字はインターネットでは使用することができません。



メールを受け取る

 プロバイダには、自分専用のメールボックスがあります。メールボックスに届いているメールを読むには、メールを受信しなければなりません。受信はメッセージボックス起動時にも行われますが、ツールバーのボタンが使用できます。
 練習で自分宛てにメール送信し、メールが正しく届いているか確認してみましょう。

送受信」ボタンをクリックします。

 受信したメールは、「受信トレイ」に入ります。回線を切断したあとで、ゆっくりメールを読むことができます。



<< PAGE TOP >>


無料お問合せはこちらから TEL 075-257-4588 営業時間 AM10:00~PM7:00
無料講座トップ | 入門編 | InternetExplorerの基本操作 | 電子メールの基本操作
CSS