CSS
無料お問合せはこちらから TEL 075-257-4588 営業時間 AM10:00~PM7:00
無料講座トップ | 入門編 | 基本操作2 | 5.ファイルを開く
基本操作2::5.ファイルを開く
 

アプリケーションからファイルを開く
■5-A アプリケーションからファイルを開く

 ディスクに保存してある文書やデータを呼び出して、編集できる状態にすることを「ファイルを開く」といいます。ファイルを開く方法にはいくつかありますが、ここでは、アプリケーションを起動してからファイルを開く方法を説明します。



もう一度スタートメニューからワードパッドを起動します。



メニューから「ファイル」をクリックし、さらに「開く」をクリックします。












「ファイルを開く」ダイアログボックスが表示されます。ファイルの場所がデスクトップになっていれば、先ほど保存した「練習」がファイルウィンドウに表示されています。



ファイルウィンドウの「練習」をクリックすると、ファイル名の入力ボックスにファイル名が入力されます。

ファイル名が入力されていることを確認して、「開く」ボタンをクリックします。














先ほど保存した「練習.doc」が開かれ、編集できるようになります。



ファイルをダブルクリックして開く

■5-B ファイルをダブルクリックして開く

 デスクトップ上の「練習」アイコンを、ダブルクリックしてもファイルを開くことができます。この場合には、対応するアプリケーションが自動的に起動します。



<< PAGE TOP >>


無料お問合せはこちらから TEL 075-257-4588 営業時間 AM10:00~PM7:00
無料講座トップ | 入門編 | 基本操作2 | 5.ファイルを開く
CSS